アメックスプラチナを最速入手:申込みから6日で到着

アメリカンエキスプレス

JCBカード新規入会キャンペーン中(最大13,500円分)

アメプラ申込みの経緯

クレジットカードの中でも、ダイナースとアメリカン・エキスプレス(アメックス)は特にステータスが高く、審査基準も厳しいといわれています。年会費は高いですが、ベネフィットが豊富で、ホテル・レストランなどの「旅行とエンターテイメント(T&E)」関連が充実しています。

自分は、SFC修行のためにANAダイナースをメインで使っていました。レストラン特典の充実はよかったのですが、ホテル関連のベネフィットが少ない印象がありました。 そこで、ホテル関連のベネフィットが多いクレジットカードを探していたところ、スターウッド・プリファード・ゲスト(SPG)グループの上級会員になれる「SPGアメックス」とヒルトングループの上級会員になれる「ヒルトンHオナーズVISAカード」がありました。 とくに、SPGアメックスは系列ホテルが充実しており、シェラトンホテル 、ウェスティンホテル 、セントレジスホテル、ラグジュアリーコレクション、ルメリディアン、Wホテル、フォーポイント・バイ・シェラトン、アロフトホテル、エレメントホテルなどでの宿泊に特典があります。さらに、SPGグループがマリオットグループに合併されたことにより、マリオットホテル・リッツカールトンホテルの上級会員にもステータスマッチされることになりました。 SPGアメックスは、ポイントのマイル移行も十分に適しているカードでしたので、すっかりSPGアメックスを友人の紹介経由で申し込むつもりになっていたところ、某空港でアメックスの販売員の勧誘を受け、二度目の勧誘だったこともあり「アメックス・プラチナ」を申し込むことになりました。

アメックスプラチナのホテルベネフィットについて

アメックス・プラチナのベネフィットはたくさんありますが、ホテルのベネフィットについては、以下のグループの上級会員になることができます。

ホテル系列会員名
SPG & マリオットマリオット・ボンヴォイ ゴールドエリート会員
カールソン レジドール ホテルズクラブ・カールソン ゴールド・エリート会員
ヒルトン・ワールドワイドヒルトン・オナーズ ゴールド会員
シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツゴールデンサークル ジェイド会員

「アメックス・プラチナ」だけで、これだけのホテルグループの上級会員になれるわけです!( 以前は、アコーホテルズの上級会員にもなれたのですが、残念ながらサービスが終了してしまいました。アコーホテルズには、ラッフルズ・ソフィテル・フェアモント・プルマン・メルキュール・ノボテル・イビスなどのブランドがあります。銀座メルキュールは時々使っていたので残念!) 

アメックスプラチナの取得方法

アメックス・プラチナの取得は、以下の3つの方法があります。 
1.インビテーション(プロパーのゴールドカード等でクレジットの履歴を積んで取得)
2.直接申し込み (空港などでの勧誘で取得←わたしの場合です) 
3.紹介枠 (すでにアメックス・プラチナやセンチュリオンを持っている知人からの紹介) わたしの場合は、空港で勧誘を受けたときに、ANAダイナースを持っているので、アメックスゴールドには興味が無いことを伝えたところ、アメックス・プラチナの勧誘になりました。 カード申し込みに必要な一通りの項目をiPadで記入し、身分証明書の写真を控えてもらい、デジタル署名をして登録完了です。

申込みのときには、確認書で一項目づつ確認していきますが、やはり「年会費13万円」に大きく丸でチェックしていますね(笑)。最後の「フリープロテクトプラン」ですが、「日本国内で外出中に持ち物を紛失したり、盗難にあわれた場合に保証」とのことですが、支払限度額 が5000円と僅かなのに加え、個人情報が渡されダイレクトメールが多く来てしまう、とのことでしたので加入しませんでした。  

申込みをしてから、6日後にヤマト運輸でカードが到着しました。早い!!!

このような経緯で、期せずしてアメックス・プラチナをたった6日間で入手しました。   1枚で済ませられるダイナースと違って、アメックス・プラチナは上級会員の登録が必要だったり、クセがある第一印象ですが、絶賛している方も多いのでしばらくはメインで使ってみようと思います。

追記

【追記】その後、ANAダイナースプレミアムSFCを取得したことで、アメプラは解約となりました。ただ、アメックスのホテルベネフィットなどはやはり素晴らしかったです。何かきっかけがあればまたアメプラに戻ることも検討しているところです(ダイナースはポイント還元率も下がり、改悪続きですし)。(2018年)

【さらに追記】ANAダイナースプレミアムSFCの還元率低下などのサービス改悪が続くため、ANAダイナースSFCにダウングレードしました。結局1周回って当初は地味に思えていたJCBオリジナルがメインカードになってきています。色々なキャンペーンに意外と当たりますし、使い込むと還元率も上がりますし、純国産だけあって保険も充実しています。2年使い込んでJCBゴールドからJCBプレミアムにアップグレードしました。JCBプレミアムのベネフィットで十分満足しているので、JCBザ・クラスへのアップグレードを目指すか迷っているところです(笑)。(2020年5月)

JCBカード新規入会キャンペーン中(最大13,500円分)

コメント

タイトルとURLをコピーしました