MENU
このブログはワードプレス「swell」で作成しています 詳しくはこちら

購入後5年目のGANZOの最高級革長財布。コードバンでも経年変化でいい味が出ます。一生モノです。

目次
JCBオリジナルシリーズ

GANZO(ガンゾ)の革財布

GANZO(ガンゾ)は100年以上の歴史を持つ日本の革製品ブランドです。
僕は5年前にコードバンの長革財布(カラー;ダークブラウン)を購入し現在まで愛用しています。5年経過しましたが、縫製もしっかりしており糸のほつれなどもまったくなく、このままずっと使用できる一生モノだと実感しています。

日本製の革製品ブランドとして、ココマイスターや万双の名前もネットでは盛んに挙がっていますが、少々値ははりますがGANZOのほうが圧倒的に品質は良いです(ココマイスター押しの記事がネットではやたら目立ちますが、個人的にはステマなんじゃないかと思っています。僕は自分が本当に気に入ったものしか記事にしません!)。大切な人への贈り物としても最適だと思います。

コードバンとブライドルレザーについて

僕が購入したのは、コードバンの長財布です。
コードバンは、革のダイヤモンドとも言われる希少な最高級の「馬革」です。馬の臀部の革で光沢のある非常に耐久性があることが特徴です。牛革の3倍の強度があると言われています。もともとが非常に美しい質感ですが、経年でさらに光沢が増し味が出てきます。弱点としては、水に弱く水疱やシミになりやすいです(ただ、後の写真でお見せするように、経年変化で革が馴染むと傷やシミは目立たなくなっていくと実感しています)。

ブライドルレザーも人気の革になります。こちらは「牛革」で、ロウを何度も塗り込むことで繊維を引き締めて耐久性を高めています。そのため防水性に優れています。ブライドルレザーもコードバンほどではないですが耐久性は強いです。コードバンと比べるとブライドルレザーはしなやかな印象があるため、コードバンは男性的、ブライドルレザーは女性的な印象を僕は持っています。どちらも素晴らしい革です。

他のサイトを見ると「コードバンは傷が目立ちやすいので購入時が一番キレイ」という意見もありましたが、実際にGANZOのコードバンを使ってみた感想として、経年変化(エイジング)でだいぶ光沢にツヤが出てとても良い感じに変化する(傷も目立たなくなる!)ので、報告したいと思います。

GANZO(ガンゾ)コードバン長革財布・購入時

購入時の写真を撮っていなかった(オイ!)ので、インスタなどから引用します。
このようなしっかりした箱に入っています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

GANZO直営店(@ganzo_retail)がシェアした投稿

直線的な四角形の長財布。縫製も素晴らしいです。革の良い匂いがします。
購入時は若干マットな感じがありますが、経時的に光沢が出るようになります。

袋(柔らかく革製品をこれで磨くことも可能です)、修理無償保証カードも付属しています。保証の対象は、金具・ホックの破損、糸のほつれ、ファスナーの破損、接着のりの剥離、となっています(修理の内容によっては有料のことも)。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

candy(@c_and_y8842)がシェアした投稿

Amazonでも販売されています(こちらのカラーはブラック)

GANZO(ガンゾ)コードバン長革財布・使用1年半後

主に鞄にしまう(冬場はコートにも)使い方です。たまに布で磨くくらいのケアです。革への油は手脂で十分と考えているので特段ワックスは使用していないです。1年半ですとまだ外観はダークブラウンのままです。もちろん縫製のほころびなど全く無いです。

多少の引っかき傷・かすり傷は散見されます。その部分は色が薄くなっています。また、雨滴や水分がついて多少しみになっていますが写真では目立たないですね。若干まだマットっぽい印象ですが、使い込むことで艶が出てきています。

内側はヌメ皮となっていて薄茶色をしています。水か油で汚れた部分は濃い茶色になっていますね。

GANZO(ガンゾ)コードバン長革財布・使用5年後

使用5年目の写真です。色はダークブラウンからブラックに変化してきています。使用1年半後のときと比べると結構変化してきていますね。引っかき傷・かすり傷で色が薄くなっていた所も黒くなっており、どの場所だったのかわからなくなっています。

細かい傷はついてきますが、革に艶・光沢がでており傷は目立ちません。構成も全くほころびはないです。さすがGANZOです。

内面も飴色に変化してきています。写真上部のカードを抜いた部分だけ薄茶色のままになっていました。いい味が出てきていると思います。

ちなみに、財布の構造の説明をしておきますと、写真の下の部分は、カード入れ(4箇所)、そしてその背面に紙幣入れとなっています。僕は紙幣入れにドル紙幣・HPCJ(ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン)割引券をいれています。HPCJ割引券が少しみえてますね笑。写真の上の部分はカード入れ(4箇所)、その背面に紙幣入れ・小銭入れ・さらに紙幣入れ・カード入れ(2箇所)となっています。

意外とたくさん入りますが、欠点としては、小銭入れのファスナータグ(写真右に見えている)が紙幣に当たるので、ピン札を入れていても徐々に紙幣の端が折れてしまうことです。別途、小銭入れが必要になりますが、ピン札を保持したい場合には小銭入れのないタイプが良いと思います。特にこだわりがなければ、こちらで全く問題ないです。

まとめ:GANZOのコードバンの経年変化(エイジング)は素晴らしい

5年の経年変化で、外観はツヤ・光沢が増してきています。色も濃くなっていました。5年使っていても全く飽きることはなく、これからも使っていって変化を楽しみたいと思います。GANZOのコードバンはとても高品質だと改めて思いました。インスタなどを見ていると20年以上もGANZOのコードバンを使っている人もいるようですので、まだまだ使用していきたいと思います。一生モノです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる