おやすみ 東京

東京を中心に生活を楽しむ。ホテル・旅行・飛行機・ANA SFC・クレカ情報など。

アメリカンエキスプレス ハイアット ホテル

アメプラのFHR特典は最高!グランンドハイアット東京に宿泊・ジャズラウンジ「MADURO(マデュロ)」で寛ぐ

更新日:

グランドハイアット東京にアメックスプラチナのFHR特典を使って宿泊しました。FHR(ファイン ホテル&リゾート)は、世界中の高級ホテルが参加しているプログラムで、多くの特典があり、今回、非常に快適で贅沢な時間を過ごせました!ここでは、FHRを実際に使ってみた結果をお伝えします。部屋の感想は別ページでお伝えします。

グランドハイアット東京について

グランドハイアット東京は六本木ヒルズ内にあります。2003年に開業されました。客室数はスイートルーム28室を含む387室です。部屋の広さは、キング/ツインは43m2(クラブキング/ツインも同じ)、デラックスキング/ツインは55m2(クラブデラックスツインも同じ)、クラブプレミアムキングが60m2(6-9階の角部屋)、クラブプレミアムツインが78m2(最上階の21階)となります。

スイートルームは、プレジデンシャルスイート(最上階の21階/260m2)、アンバサダースイート(200m2)、チェアマンスイート(120m2)、ディプロマットスイート(17-20階/100m2)、グランドエグゼクティブスイートキング/ツイン(100m2)、グランドスイート(85m2)があります。

ちなみにクラブラウンジは10階にあります。営業時間は7時から22時で、朝食は7時から10時半(土日祝日は11時まで)、イブニングカクテルは17時半から19時半となっています。そのほかの時間はコーヒー・紅茶・ソフトドリンクサービスがあります。

ホテル内にはレストラン・バーが多くあります(ステーキハウス「オークドア」、オールデイダイニング「フレンチキッチン」/「フレンチキッチンバー」、江戸前寿司「六緑」、鉄板焼き「けやき坂」、日本料理「旬房」、中華料理「チャイナルーム」、イタリアンカフェ「フィオレンティーナ」/「フィオレンティーナペストリーブティック」、ジャズラウンジ「マデュロ」、「オークドアバー」)。

ほかにも、5階にある、スパ&フィットネスの「Nagomi」(安倍首相が利用していて、首相動静によく載っています)、円形の光るジャグジーが印象的なホテルプールなども有名です。

グランドハイアット東京でのFHR特典

グランドハイアット東京でのFHR特典は以下の通りです。チェックイン時に特典の書かれている用紙をもらえました。用紙には書かれていませんでしたが、WiFiサービスももちろん含まれています。また、多くのホテルプログラムでは、ホテル公式ページを通した予約でないとポイントがつきませんんが、FHRでの予約はポイントがつくことも利点の一つです。

12時からのアーリーチェックイン

到着時の空き状況に応じてアーリーチェックインが可能(空き状況によっては難しいこともあることに注意)

無料アップグレード

到着時の空き状況に応じて、次のカテゴリーへの部屋のアップグレードが可能(こちらも、空き状況によっては難しいこともあり得ることに注意)

125USドル分のレストランクレジット

ホテル内のすべてのレストラン・バーにおいt、利用分を部屋付けにすると、精算時に125USドル分を引いてくれます。これは一休などの他の予約サイトにはないFHRならではの特典でして、ホテル内で飲食を予定している場合にはかなり強力な特典になります。

朝食サービス

2階フレンチキッチンで朝食がとれます(7時から10時半まで、2名まで)。

16時までのレイトチェックアウト

レイトチェックアウトの特典については特に条件がないため、FHRで予約した時点で確定した特典になります。

チェックイン時に渡された紙。書かれていませんが無料WiFiサービスは勿論ついています。

FHRを使った実際の結果

◎12時からのアーリーチェックイン

メールでお知らせが来るのですが、なんと12時どころでなく10時にチェックイン可能となっていました!

まず、当日の5時27分にオンラインチェックインが可能とのメールが来ました。




部屋をチェックインしておいたところ、10時にチェックイン可能とのメールが来ました!はやっ!

FHRでは、アーリーチェックインは「空き状況に応じて可能」としており、確定した特典ではないですが、部屋が空いている場合には12時よりも早い時間でもチェックイン可能のお知らせをいただけました。評価は◎ですね。

○無料アップグレード

到着時の空き状況に応じて、次のカテゴリーへの部屋のアップグレードが可能となっていますが、残念ながら、アップグレード可能な部屋が空いていないとのことでキングルームのままでした。東京のホテルは満室のことも多いですし、これは仕方ないですね。

アップグレードはありませんでしたが、15階の東京タワー側の部屋をとっていただけました。グランドハイアット東京は、隣に六本木ヒルズがあったりするので眺望はあまり良いとは言えないのですが、15階だと東京タワーもしっかり見えて良い景色でした。そのように配慮してくれるのは嬉しいですね!評価は○ですね!

15階の東京タワー側の部屋を取っていただけました
東京タワーがしっかり見えました

ちなみに最初からクラブラウンジ付きやアップグレードした部屋が希望であれば、様々なプランが用意されている一休もおすすめです。特にダイヤモンド会員であれば、かなりお得な特別料金で良い部屋を予約することが可能です。ダイナースプレミアムカードでは自動的に一休のダイヤモンド会員になれますので、アメプラのFHRの強力なライバルとなります。どちらのサービスもとても素晴らしいです。

◎125USドル分のレストランクレジット

YFHRの宿泊料は、公式ページのベストレートとほぼ同じですので、125ドル分だけFHRの方がお得ということになります。ホテル内で飲食をされる方にとってはかなり強力な特典だと思います

今回は、ジャズラウンジの「MADURO(マデュロ)」を利用しました (営業時間:19時~翌1時・金土~翌2時、ジャズライブ:20時~24時(金土~翌1時))。雰囲気の良いバーでゆっくり寛げます。17,000円くらいの利用でしたが、部屋付にすることで120ドル分がチェックアウトの精算時に引かれていたので、実質5,000円程度で利用できたことになります。かなりお得ですね!もちろん評価は◎ですね!

深夜でもほぼ満席です。ソファー席が混んでいるので、カウンター席にしました。
マデュロのシグネチャーカクテルであるモヒート。そしてパインマティーニ。どれも美味しい!
この日はマティーニの日(笑)。チョコレートマティーニ、キウイマティーニ、写真はないですが季節限定のはっさくマティーニなど。どれも美味しかったですが、はっさくマティーニはアルコール度数がとても強かったです。聞いたら酸味を抑えるためにアルコールを強めにしているとのこと。
ナッツのほか、フルーツ・ケーキなどもオーダー。
カウンター席はこんな感じ

ちなみに「マデュロ」は4階にあるのですが、グランドハイアットの客室からだとエレベーターを5階で降りて、中庭(?)から別のエレベーターに乗り継ぐ必要がありますので、初めて行く場合には迷わないように注意が必要です(笑)。

○朝食サービス

朝食は2階のフレンチキッチンでバイキング形式でとれます。特筆すべきところはなく、あまり印象に残っていないです。悪かった印象もないので、評価は○です。

○16時までのレイトチェックアウト

16時までのレイトチェックアウトはFHRでは確定した特典ですが、チェックインの際におおよその予定しているチェックアウトの時間を確認されます。全員が16時までいるわけではないのでホテル側も把握しておきたいのでしょうね。お昼過ぎまでのんびりと滞在しました。16時まで確定の特典は、FHR以外ではなかなかないですので評価は◎です。

その他の特典

その他の特典として、部屋にウェルカムギフトがありました。開けてみると、おかきが入っていました。

部屋にウェルカムギフトが置いてありました
開けるとおかきが入っていました。なぜかウグイスの説明付き。

まとめ:FHR特典は最高でした!

ハイアット公式のベストレートとほぼ同じ金額で、上記の特典がつくFHRはとても素晴らしいプログラムだと思いました。FHRの参加ホテルは高級ホテルばかりなので決して安い金額ではないですが、ホテルでゆっくりしたいときなどに利用すると、とても贅沢な時間をすごせます。アメプラの核となる特典はさすがと思いました!


ちなみに、アメプラのFHR特典に対抗できるのが、ダイナースプレミアムの一休ダイヤモンド会員の特典になります。こちらも素晴らしい特典ですので、いずれブログに書きたいと思います。

何かの参考になれば幸いです。
お読みいただきましてありがとうございました。

-アメリカンエキスプレス, ハイアット, ホテル

Copyright© おやすみ 東京 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.